« 卒論がんばるぞー! | トップページ | ブルーグラスミュージッククラブ、神戸まつり協賛イベントに出演! »

2010年5月14日 (金)

チャペルで演奏!オルガン奏楽

こんにちは!生活学科2年のひろです。GWも終わり、日常が戻ってきましたね。皆さんは、GWいかがお過ごしでしたでしょうか?

今回は、「オルガン奏楽」についてご紹介します。オルガン奏楽は、主にお昼の礼拝「ヌーンサービス」を中心に行なっています。具体的には、聖歌隊の伴奏やその日の礼拝にふさわしい楽曲を演奏し、礼拝を一つにする役割を担っています。

201005081328000

これは、神戸松蔭が誇るパイプオルガンです。松蔭のHPなどで見たことがある方も多いと思います。

実はこのオルガン、2200本もパイプがあるんです。穏やかな響きから荘厳な音色まで、多彩な音を奏でることができるんですよ。なんとオルガン奏楽は、このパイプオルガンを使って演奏をしたり、レッスンをしたりしているんです。

201005081323000

こちらがレッスンの様子です。毎週木曜日にプロのオルガニストから指導を受けることができます。

このほかにも授業で奏法を学ぶなど、神戸松蔭にはパイプオルガンについての知識を深める機会がたくさん用意されています。学外から学びに来られている方も多いんですよ。多様な年代の人たちと交流できるのもオルガン奏楽の魅力です。

日々の礼拝の他にも、クリスマスにはコンサートをするなど、たくさんのイベントがあります。もちろん、一般の方にも聴いていただけるコンサートも開かれています。

詳細は宗教センターHP(http://ksw.shoin.ac.jp/chapel/)に掲載されておりますので、キリスト教に興味がある方はもちろん、そうでない方もぜひ、お越し下さい。美しい音とたくさん出会うことができますよ。

|

« 卒論がんばるぞー! | トップページ | ブルーグラスミュージッククラブ、神戸まつり協賛イベントに出演! »

ボランティア活動」カテゴリの記事