« ゴルフの授業をとっています♪ | トップページ | 「活字文化公開講座」のお手伝いをしました! »

2010年9月 2日 (木)

活字文化公開講座に参加しました!

皆さん、こんにちは! 暑い日々が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? 英語英米文学科2年のみかです♪

7月17日、本学で「活字文化公開講座」が開催されました。

講師の東京大学教授ロバート・キャンベル先生は、「江戸時代では今のように言葉を覚えてから文字を書くのではなく、文として親しまれていた手紙を書きながら言葉を覚えていた」とおっしゃっていたのが印象的でした。

P1020958_2

手紙を書く相手を想いながら言葉を覚えていたなんて、素敵ですよね(^^) 今ではメールで気持ちを表せたりしますが、時には手紙を送ることで、より気持ちが伝わるかもしれないですね!!

基調講演の後は、キャンベル教授と神戸市立須磨翔風高等学校国語科教諭の藤井稚津子先生、本学英語英米文学科の山内啓子准教授のトークセッションがありました。進行役は、本学副学長の和田浩一先生でした。

トークセッションでは、本を読むことで未知の世界へ行くことができたり、著者の考えを知ることができる面白さを教えていただきました。 また読書の中にこそコミュニケーションそのものがあるのではないか、というお話もありました。

コミュニケーションには会話がとても重要です。その会話に必要な情報や素敵な言葉は、本を読むことで発見できたり、見つけられるのだと感じました。

私はこの講演をきっかけに、デジタルでは伝わらない本の重さや紙の肌触りなど、活字を読むことの周辺にあるものを大切にしたいと強く思いました。 この夏、できるだけ多くの文学作品を読むことを目標にしたいと思います。

皆さんも、時間があるときはぜひ、書店や図書館で本を手にとってみてくださいね(^o^)/

|

« ゴルフの授業をとっています♪ | トップページ | 「活字文化公開講座」のお手伝いをしました! »

学生生活全般」カテゴリの記事