« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月10日 (月)

就職試験対策講座を受けています(後編)

生活学科都市生活専攻3年生のかえです 後編です。

9月1日~9日の期間、就職試験対策講座を受けた感想としては、数学の講座に関しては分かりやすいと感じました 中学や高校時代にタイムスリップした感じで方程式や最小公倍数などを解きました。大学受験の時にも高校や予備校の先生が言っていましたが、「基礎」は大事です。基礎がしっかりしていないと応用問題は解けません だから、私も受験生に戻った感覚で基礎を固めていこうと思っています。

漢字や政治・経済の講座は、漢字の読めなさにショックを受けました 普段、携帯やパソコンで漢字を入力しているので、感覚が鈍っていることを実感しました。みなさん、普段から漢字は読み書きしていた方がいいですよ

10月、11月と講座は続きますが、気持ちよく就職活動のスタートを切れるように講座を頑張って受けます

長くなりましたが、受験生のみなさんの中には、試験が迫ってきて焦りだしている人もいると思います。でも「今、自分は何をしなければならないのか?」を考えて、落ち着いて勉強してください。

前にも書きましたが、私も模試で良い結果を出すことができなくて、悔しい思いを何回もしました 私と同じ境遇にいる人はいるでしょう。でも、落ち込むばかりでなく自分の苦手分野を把握して、次の模試はもちろん、入試本番にむけて強化していくことも大切です この積み重ねが自分の力になり、自信にも繋がります。苦手分野も克服すれば十分、得点源になりますよ だから最後まで諦めないで受験勉強、頑張ってください。もちろん得意分野も確実な得点源とするために、しっかり対策しておきましょう

…あと当然ですが、健康管理も受験対策の1つなので、睡眠や栄養、休養をしっかりとって勉強を頑張りましょう。気持ちよく本番を迎えるために、インフルエンザの予防接種は早めに受けに行きましょうね

では、今回はこの辺で~(^_^

|

2011年10月 8日 (土)

就職試験対策講座を受けています(前編)

生活学科都市生活専攻3年生のかえです。こんにちは(*^_^*)

もう10月ですね。みなさん、体調はいかがですか? 風邪などひいていないですか? 今は涼しく、過ごしやすいですが、徐々にこれから寒くなってきます。なので体調管理はしっかりしましょう

それから…受験生の皆さん、勉強頑張っていますか?

そろそろ指定校推薦や公募制推薦など、推薦入試が始まってくる時期だと思います  私も受験生のこの時期は、私大入試やセンター試験に向けて奮闘していました 進研模試や駿台模試などの模試が1ヶ月ごとにあり、結果や判定を見て悔しい思いをした記憶があります。センター試験は国公立大志望でない人も受けておくと、センター利用入試をしている私大がたくさんあるので便利ですよ

神戸松蔭にもセンター利用入試があります

 

今、私は就職試験対策講座を受けています。

就職にも大学受験と同じように筆記試験や面接があります。エントリーシートや履歴書も大事ですが、筆記試験もとても大切です。今回は筆記試験対策について書きます(エントリーシートについてはまた、私が就職活動をスタートさせたくらいに説明しようと思っています)。

就職活動での筆記試験にはさまざまな種類がありますが、その中でも代表的なのがSPI2というものです。SPI2は「言語能力」と「非言語能力」に分かれていて、言語能力は漢字やことわざ、慣用句、長文読解など、いわば「国語」です。そして非言語能力は「数学」です。この2つのうち大きな差がつくのは、やはり非言語能力の方です。速度計算や方程式、確率、順列、集合など、中学や高校で習ってきた問題ばかりですが、出題の仕方がかなりひねられている文章問題なので、慣れないと解けないのです

SPI2にはさらに、この言語能力と非言語能力だけでなく、「性格診断」も含まれています。会社では、学力があるだけでは仕事はできません。人柄も見て採用/不採用を決めます。その材料の1つとして、性格診断を行うのです。

ちなみに、世の中には色々なタイプの性格診断がありますが、私が所属している生活学科都市生活専攻の2年生で履修できる「行動科学基礎演習」では、さまざまなタイプの性格診断テストを体験することができました(年によって授業内容は変わりますが)

神戸松蔭では、3年生を対象にした就職試験対策講座が9月初旬から始まります。

9月以降、翌年の2月まで講座は続きます。

(後編に続く→)

|

2011年10月 6日 (木)

「学生とともに作りあげる結婚式」が行われました!

こんにちは! 学生広報スタッフのゆいです。

皆さんは9月19日のオープンキャンパスには来てくれましたか?

天候の悪い中、神戸松蔭に足を運んでくださった方、ありがとうございました!

実はこの日は、とても素敵でおめでたい日でした!!

というのも、オープンキャンパスが進む中、本学自慢のチャペルで結婚式が行われたのです。

普段チャペルでは、神戸松蔭の卒業生しか式を挙げる事ができません。しかし今回式を挙げられた方々は、卒業生ではありません。3月11日の東日本大震災で大変な被害に遭われたカップルです。

佐久間さん夫妻は、福島原発30km圏内にお住まいで、3月3日に入籍されました。結婚式が近付く中、あの地震に遭われ、しばらく離れ離れに生活する日々が続いたそうです。

式場も被災しており、結婚式を挙げる事も出来なくなってしまいました。

この式は、神戸松蔭のブライダルスタッフなどの学生が、遠い被災地の人々に何かしてあげられる事はないかと考え、多くの方々の支援を受けながら数ヶ月間にわたって準備し、作り上げた「学生とともに作りあげる結婚式」です。挙式、マカロンタワー、ウエディングドレス、タキシード、新郎新婦の福島からの交通費とホテルの宿泊費もすべて、支援するという企画です。

文章で伝える事がすごく難しいくらい、本当に素晴らしい結婚式で、私も終始涙してしまいました。

スタッフの学生みんなが全身全霊をかけて、この結婚式に取り組んでいるのがよくわかりました。

マカロンタワーは、新郎が新婦に100回プロポーズした事を元に、100個のマカロンでできたタワーで、緑とピンクのマカロンが使われていました。

緑は神戸松蔭のある神戸市灘区産のお茶を、ピンクは福島名産の桃を表していて、神戸の「神」と福島の「福」で、名づけて『神福(幸福)タワー』!!もう鳥肌が立ちました。

Image

そのマカロンをお互い食べさせ合っているラブラブな光景です!

そして、なんと新婦がヴィッセル神戸の宮本選手の大ファンと言う事で、サプライズに宮本選手直筆のサインがプレゼントされていました!

この文章で、結婚式の素晴らしさがどのくらい伝わったかはわかりませんが、本当に素晴らしい一日で、「おめでとう」という気持ちでいっぱいでした。

まだ結婚式を体験した事がなかったので、目の前で見られて、「結婚式ってこんなに幸せな気分になるんだな」って感じました。

Image_2

新郎新婦さん、親族の方々、本当におめでとうございます。

そして私は、これを企画したブライダルスタッフの皆さんに「おめでとう」と言いたいです!

こんな幸せな素晴らしい企画を実現させたなんて、本当に素晴らしいです!

こんな素敵な事ができる学校だなんて、神戸松蔭に来て良かったって思えます!

私も、素晴らしい人間になれる様に頑張ろう!

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »