« 松蔭祭を終えて…(前編) | トップページ | とある子ども発達学科2年生の1日 »

2011年12月20日 (火)

松蔭祭を終えて…(後編)

「なぜ学祭のことをそんなに詳しく知っているの?」と思いましたか? それは私が、松蔭祭を運営した「学友会」の会員だからです。

学友会は運営以外にも魚釣りの縁日、もんじゃ焼きの模擬店を毎年出しています。おかげさまでもんじゃ焼きは2日目、完売するほどの人気でした。縁日の魚釣りも1回100円で遊園地、遊覧船、水族館などのチケットが当たり、はずれなしなので、今年も用意していた景品はすべて無くなりました。非常にうれしかったです。

Photo

また学友会では、スタンプラリーも毎年行っています。スタンプ(今年はシール)を模擬店、本部、展示室など10カ所に置き、全部集めて本部へ持っていくと、豪華なお菓子の詰め合わせがもらえる…というものです。誰でも参加できるので、「楽しい!」と言う子どもや「こんなにもらっていいの?」と嬉しそうに聞く家族連れや学生など、様々でした。

学友会はこの松蔭祭のために7カ月かけて企画や準備を進めてきました。準備期間は長いようで短くて、気が付いたら本番になっていました。私は広報担当として印刷会社の方と相談しながらポスターやパンフレットの作成を進めたり、様々な会社に協賛依頼の電話をかけ、交渉したりしました。今年は東日本大震災の影響が心配でしたが、それでも多くの企業に協賛していただきました。本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

学友会は3年生までなので、私はこれが学友会員として最後の松蔭祭となりました。本当に色々なことがありました。でも学友会員全員が支えあって乗り越えてきたからこそ、良い学祭にすることができました。さらに学祭当日まで、学生課の職員の方々や施設管理の方、警備員の方々など、様々な方が支援してくださいました。そのおかげで、大きな事故やケガなど何も起こらず良い学祭ができたと思います。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

高校生の皆さんもぜひ、来年は松蔭祭に来てくださいね☆

松蔭祭が終わって一息ついたところですが、次は3月にオープンキャンパスが控えています。良いオープンキャンパスになるよう企画や準備などの取り組みも頑張ります♪ 

では今回はこの辺で(^_^)/

P1090398

|

« 松蔭祭を終えて…(前編) | トップページ | とある子ども発達学科2年生の1日 »

学校行事」カテゴリの記事