« 2012年6月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年3月

2013年3月12日 (火)

バッハ・コレギウム・ジャパンの取材に行きました(その2)

こんにちは。生活学科 都市生活専攻のN・Tです。
2月23日はバッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)のコンサートが松蔭チャペルにて行われました。私は、コンサートの際に学生が運営するボランティアカフェ「リースヒェン」が開いていると聞き、その活動を知るためにカフェを訪ねました。

_igp0077s_5
私は、この2日前、2月21日に行われたBCJ教会カンタータ全曲演奏録音記念の記者会見にも参加させていただき、貴重な経験をすることができました。(詳しくは「その1」をご覧ください)
今回は、このBCJのコンサートを支える学生ボランティアカフェ「リースヒェン」や「宗教センター」について取材し、報告します。
まず、リースヒェンとは2008年4月、コンサートに来られたお客様が休憩する場所がないことから、当時の学生がカフェを開いたことから始まりました。
現在の活動はこのBCJのコンサートの際のカフェ運営はもちろん、子どもたちとの交流会を実施したり、年に1度コーヒー工場を見学する機会を設けたり、他大学との交流などをしているそうです。
メンバーはとても仲が良く、学科や学年を超えて楽しく活動していることがよくわかりました。また、メンバーの方は「コーヒーを淹れるだけではなく、接客など多くの経験ができるのが魅力」と話していました。ちなみに参加者は随時募集中だそうです。
私は初めて訪れましたが、あっという間に輪に入れていただき、取材中も楽しい時間を過ごすことができました。

_igp0180s 
このリースヒェンのメンバーに取材をする中で特に印象に残ったのは、宗教センターと学生ボランティアの関わりについてです。活動中も多くの宗教センター職員の方の話が出てきたこと、そして学生だけではなく職員の方も一緒になって運営しているように感じたことからでした。
宗教センターというとどこか近寄りがたいイメージで、「どんなところだろう」という疑問を持ちながらも、入るのをためらう場所でした。そこでメンバーのみなさんに「宗教センターはどのような場所ですか」と質問したところ、「個性的で、おもしろい方が多く、落ち着く場所である」という意見が圧倒的に多いのが印象的でした。私は宗教センターを訪ねてみることにしました。
職員の方に、まず宗教センターについてお聞きしたところ、「人と人が繋がる場所である」ことを強調されました。この『繋がる』とは他学科の学生同士であったり、卒業生と在校生であったりするそうです。私が伺った時も、職員やチャプレン(大学にいる牧師さん)が気さくに声をかけて下さり、あっという間に時間が過ぎていました。

今回、このBCJのコンサートをきっかけに学生ボランティアスタッフのみなさん、また宗教センターに関わる方々とお話しすることができ、とても興味深かったです。
特に、みなさん口をそろえて「もっと広報してください」と言われたことが印象的でした。
今後も、この出会いを大切に、今まで以上に松蔭のいいところを広報し、多くの方々と繋がりたいと思える日になりました。

|

バッハ・コレギウム・ジャパンの取材に行きました(その1)

皆さん、こんにちは。日本語日本文化学科1年のS・Kです。
私は2月21日に1号館の4階にある応接室で行われた、「バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)」の記者会見に参加しました。「バッハ・コレギウム・ジャパン」とは神戸松蔭の客員教授である鈴木雅明先生率いる、バロック音楽を演奏するオーケストラ&合唱団です。

_igp0033s
その日は鈴木先生を取材しようと沢山の新聞記者が集まりました。私も神戸松蔭の学生広報スタッフの一員として、初めて記者会見の現場に参加させていただきました。会見の内容はBCJのバッハ「教会カンタータ」全曲演奏&録音の完結、およびその会場となった本学チャペルでのCD制作(録音)についてです。神戸松蔭チャペルコンサート200回の歩みも紹介されました。

鈴木先生やCD制作会社・BISレコードの社長の話が終わると新聞記者の方々の取材が始まりました。私も新聞記者の方と同じようにインタビューをしようと思いましたが、一言も喋る事ができず、私は応接室の後ろの隅でただ立っているだけでした。

_igp0079s
この時は何もできませんでしたが、2月23日の晩に行われる「バッハ・カンタータ全曲演奏達成記念祝賀会」の時はリベンジしようと思い、参加しました。

私は先日のような失敗をしないように、お昼頃から学校に来て心の準備をしていました。祝賀会は18時からだったので、それまで学生ボランティアカフェ「リースヒェン」の活動を取材したりしていました。いざ、祝賀会が始まるとそこにはBCJの関係者やファンの方々がたくさんいらっしゃいました。

_igp0230s
鈴木先生の挨拶が終わると私はすぐに先生のもとへ行き、インタビューを行いました。人生で初めてのインタビューでしたので、すごく緊張しました。

Q1「初めて神戸松蔭のチャペルで録音をした時の感想を教えて下さい」
A1「1995年が初めての録音であり、ものすごく大変で夜中の3時~4時までかかりました。BISレコードの社長が頑固だったという事もあり、大ゲンカになってしまったこともありました。
最初のころは続くかどうか、わからなかったです」

Q2「このBCJの公演に際して、学生ボランティアカフェ「リースヒェン」がコーヒーを提供してきましたが、この活動についてはどのように感じていますか」
A2「学生がボランティア活動と結びつけてチャペルコンサートに関わってくれて、大学でのコンサートらしい雰囲気もあり、素晴らしいと思っています。店名のリースヒェンもバッハのコーヒーカンタータという曲にちなんでいて、私が名付け親なんですよ」

この日は無事、インタビューを終えることができました。鈴木先生、インタビューに答えてくださって有難うございました。
もし今後もこのようにインタビューをする機会があれば、今度は自分から積極的に喋る事が出来たらいいなと思いました。

|

2013年3月 8日 (金)

愛媛朝日テレビ 取材体験記

こんにちは(*^^*)
英語英米文学科 3年のY.Nです!
このブログに書くのは初めてで、上手く書けないかもしれませんが、よろしくお願いします!

今回、私は愛媛朝日テレビに行ってきました。
神戸松蔭の卒業生であるアナウンサー、大角 茉里さんの取材に同行したのです。

愛媛の松山まで、神戸からバスで約4時間走りました。
山の方を通ると雪が積もっていました! 途中には清流もあり、とても空気が綺麗でした。

そうするうちに、愛媛朝日テレビに到着いたしまして。
受け付けにて大角さんを待ちました(どきどき)。
とても可愛らしい人だと聞いていましたが、エレベーターから降りて来た大角さんはとても小柄で、本当に可愛いらしい人でした。

Img_4558ss_2
まずはインタビュー&写真撮影。
どのようなお仕事をされているのか詳しく教えていただいたり、仕事をしていて嬉しかったこと、辛かったこと、休日はどのように過ごされているのか、就職活動はどのようにされたのか、などなど沢山質問させていただきました!

Img_4543ss_2
インタビュー終了後、17:36から生放送される夕方のニュース本番まで、局内のさまざまな所を見学させていただきました!
スタジオのセットの仕組みを教えていただき、ニュースセンター、各部署、VTRの編集作業、本番前原稿の練習をしているところなどから普段はめったに入れない所まで見せていただきました。

Img_4621ss_3
17:36からは、19:00までのニュースのオンエア風景を撮影。
スタジオで見学することができました。
本番直前まで原稿を読む練習をしたり、普通にスタッフの皆さんと笑い合ったりしていていたのが、ニュースがいざ始まるとスタジオのムードが一瞬で変わりました。
原稿を読む大角さんからは、普通にお話する時とはまた違った雰囲気を感じました。
堂々と、そしてしっかりとひとつひとつの言葉を伝えていて、キラキラ輝いて見えました。
本番中の大角さんを見て、本当にアナウンサーという仕事は素晴らしく、そして視聴者に真実を伝える大変な仕事だということがわかりました。

Img_4662ss_2
大角さんは先輩のアナウンサーが隣にいるから安心して原稿を読むことができる、とおっしゃっていました。
愛媛朝日テレビで働いている方は皆さん親切で暖かい人ばかりでした。

今回の見学を通して私は「伝える」ということの大切さを実感しました。
自分のセールスポイントや今までやってきた事を自分自身で理解し、すらすら人に説明できるようになりたいと思いました。
人に自分の事を伝えるということはとても難しいけれど、自分の魅力を理解してもらうには大切な事だということがわかりました。

今回とても貴重な良い経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました!
Img_4620ss_2 

|

« 2012年6月 | トップページ | 2013年5月 »