« とある子ども発達学科2年生の1日 | トップページ | バッハ・コレギウム・ジャパンの取材に行きました(その1) »

2013年3月 8日 (金)

愛媛朝日テレビ 取材体験記

こんにちは(*^^*)
英語英米文学科 3年のY.Nです!
このブログに書くのは初めてで、上手く書けないかもしれませんが、よろしくお願いします!

今回、私は愛媛朝日テレビに行ってきました。
神戸松蔭の卒業生であるアナウンサー、大角 茉里さんの取材に同行したのです。

愛媛の松山まで、神戸からバスで約4時間走りました。
山の方を通ると雪が積もっていました! 途中には清流もあり、とても空気が綺麗でした。

そうするうちに、愛媛朝日テレビに到着いたしまして。
受け付けにて大角さんを待ちました(どきどき)。
とても可愛らしい人だと聞いていましたが、エレベーターから降りて来た大角さんはとても小柄で、本当に可愛いらしい人でした。

Img_4558ss_2
まずはインタビュー&写真撮影。
どのようなお仕事をされているのか詳しく教えていただいたり、仕事をしていて嬉しかったこと、辛かったこと、休日はどのように過ごされているのか、就職活動はどのようにされたのか、などなど沢山質問させていただきました!

Img_4543ss_2
インタビュー終了後、17:36から生放送される夕方のニュース本番まで、局内のさまざまな所を見学させていただきました!
スタジオのセットの仕組みを教えていただき、ニュースセンター、各部署、VTRの編集作業、本番前原稿の練習をしているところなどから普段はめったに入れない所まで見せていただきました。

Img_4621ss_3
17:36からは、19:00までのニュースのオンエア風景を撮影。
スタジオで見学することができました。
本番直前まで原稿を読む練習をしたり、普通にスタッフの皆さんと笑い合ったりしていていたのが、ニュースがいざ始まるとスタジオのムードが一瞬で変わりました。
原稿を読む大角さんからは、普通にお話する時とはまた違った雰囲気を感じました。
堂々と、そしてしっかりとひとつひとつの言葉を伝えていて、キラキラ輝いて見えました。
本番中の大角さんを見て、本当にアナウンサーという仕事は素晴らしく、そして視聴者に真実を伝える大変な仕事だということがわかりました。

Img_4662ss_2
大角さんは先輩のアナウンサーが隣にいるから安心して原稿を読むことができる、とおっしゃっていました。
愛媛朝日テレビで働いている方は皆さん親切で暖かい人ばかりでした。

今回の見学を通して私は「伝える」ということの大切さを実感しました。
自分のセールスポイントや今までやってきた事を自分自身で理解し、すらすら人に説明できるようになりたいと思いました。
人に自分の事を伝えるということはとても難しいけれど、自分の魅力を理解してもらうには大切な事だということがわかりました。

今回とても貴重な良い経験をさせていただきました。
本当にありがとうございました!
Img_4620ss_2 

|

« とある子ども発達学科2年生の1日 | トップページ | バッハ・コレギウム・ジャパンの取材に行きました(その1) »

学生生活全般」カテゴリの記事