« 学長 郡司隆男先生 | トップページ | 教務部長 待田昌二先生 »

2008年11月10日 (月)

学生部長 和田浩一先生

第2回目は、学生部長の和田先生の研究室を訪問しました

Wada01_4    1:体育の先生になろうと思ったきっかけはなんですか?

運動生理学に興味があり、どのようにトレーニングすれば体によい影響が現れるかを知りたかったからです。

2:生徒・学生の頃の体育の成績はどうでしたか?

中学生のとき、石川県で背泳ぎ(水泳)が1位でした。大学生のときは団体枠でしたが、インカレに出場しました。

3:学生部長としてどんなことを目標にされていますか?

学生が、勉強以外の活動をもっと活発にできるようにしていきたいと考えています。例えば、集中的に音楽や美術に触れる「音楽週間」「美術週間」など学生からいろいろなアイディアを提案してもらいたいです。

Wada02_3 4:なぜ学内で禁煙運動を始めようと思われたのですか?

実は教員たちの間では、5年以上前から、キャンパスの禁煙化について議論されてきました。今年は、キャンパスを完全に禁煙にしたら、どのような問題が起きるだろうかという視点で禁煙運動に取り組んでいます。単に禁煙を強要するだけではなく、禁煙にチャレンジしようとする人たちへの支援活動も行っていこうと考えています。

5:これから行ってみたい授業はありますか?

オリンピック史を研究テーマにしていますが、その成果が生かせるオリンピックに関する授業をしてみたいです。あと、自分の授業ではありませんが、マナー教育と健康教育がミックスされた講座があればいいなと思います。みんなが社会人になったときに「松蔭生はマナーと健康について、しっかりした知識をもっているんだ」と感心してもらえるような授業を提案したいです。

Wada03 6:高校生に向けて一言どうぞ!

松蔭は、やりたいことをなんでも学べる(体験できる)大学です。アットホームで、先生と学生の距離が近いのが特徴です。松蔭でたくさんのことを学んだら、きっと、周りの人から愛される社会人になれると思います。

☆感想☆

和田先生は、禁煙のためのサポートに積極的に取り組まれたり、学生のことを真剣に考えてくださる素晴らしい先生です 今回の研究室訪問でもいろんなことをお話してくださって、更にそう実感しました 私は、昨年の体育で和田先生のウォーキングの授業を取り、六甲の周辺を散策しました。 毎日通学で六甲に来ているのに、知らないスポットがたくさんあり、いろいろな発見ができてとても楽しかったです 体のためになるだけでなく、学校生活にも役に立つ授業だったので、ほんとに受講してよかったです。

みなさんも、ぜひ和田先生の授業を取ってみてください とても楽しい体験ができますよ(*゜▽゜)ノ!!

4回生 くー

|

« 学長 郡司隆男先生 | トップページ | 教務部長 待田昌二先生 »

人間科学部 生活学科」カテゴリの記事